弁護士費用も交渉可能です。

工程の価格というものがないからです。

市場価格があることはあるが、もともとよく知られていないために自己事件にぴったりの価格というものを探すことはほとんど不可能です。 一般人たちは弁護士費用(弁護士はこれを'受任料'と呼びます)をよく分からないため、普通は弁護士が一定の金額を提示します。依頼人の立場では一体これが適正な金額であるかどうかよく分からなくて悩むようになります。

周りに聞いて見たり、自分の財産状況に照らして判断したりもして...他の弁護士事務所で提示した金額を比較したりもします。これで説明しましたようにその金額が適正かどうかについて“正解”はありません。結局、自分が判断して決定するしかないです。 弁護士費用を判断する際はその弁護士が“良い弁護士”かを区別する方法を参考することが必要だと思います。良い弁護士なら、適正な金額を要求したと考えるとよいでしょう。


適正ではないと思ったら、別の弁護士を探しでもなければ交渉を通じてディスカウントすることを試みなければなりません。何かいい弁護士だからといって必ずしも適正な金額を呼ぶわけではないから交渉をあえてあらかじめ放棄する必要はありません。 また費用を削るだけが能ではありません。弁護士はプライドが強い職種なので費用を無条件に削減しようとかかれば、受任をしない場合もあるからです。

事実費用交渉の焦点は価格を削ることよりも、どのようにすれば弁護士が自分の事件に心をこめて誠実に処理させるかにあると思います。適切な手付金と成功報酬契約を通じて動機づけをしてあげるのが弁護士としてのプライドをもって、自分の事件に没入にすることができます。もちろん自分の財産状況に合わせて契約することは言うまでもありません。