弁護士費用、いったいいくらが適切?

1.弁護士費用でいくらを支払うべきか?

正解は“わからない”です。なぜなら、弁護士市場というのがとても閉鎖的なので、全てケースバイケース(case by case)だからです。任せる、事件ごとに弁護士の業務内容が同じではないからでもあります。事件の難易度、予想期間が全部異なるからです。の依頼人の都合がどうなのかに左右されることもあります。

2.でも何か基準があるんじゃないかな?

はい、確かに基準は存在します。
弁護士費用も'法律サービス'という用役に対する対価であるため、大体の基準はあります。 まず、一番重要な基準は弁護士が首都圏にいる弁護士か、地方にある弁護士か?です。実は笑わせる基準だが、首都圏に所在する弁護士と地方にいる弁護士に支払う費用は差があります。

民事事件の場合、首都圏は手付金がおよそ30~50万で、地方は最近ほとんど30万程度です。 二番目の基準はは司法研修院出身新人弁護士か、(法曹)経験あるベテラン弁護士かです。司法研修院を修了したり、卒業しておよそ5年以下の弁護士は高い報酬を要求することが難しいです。

確かに、それは当たり前のことでもあります。法律サービスの質が違うからです。法曹経歴ある弁護士の中で特に'前官'と呼ばれる弁護士たちはその希少性のために価格がはるかに高いです。 三つ目は事件そのものの軽重、難易度、期間等です。法律的に難しく、膨大な事件、裁判期間が長いものと予想される事件はどうしても費用が高くなるでしょう。

3.弁護士費用はどのように構成されるか。

弁護士費用はたいてい[手付金+成功報酬]で行われます。ここに印紙代の送達料など裁判費用は含まれていません。もちろん、弁護士によっては印紙代の送達料を含めて呼んだりもします。しかしそれが弁護士費用(弁護士の立場から受任料)ではありません。大型ローファームの場合、手付金よりも時間当たり報酬を好みます。つまり、[時間当たり補修+成功報酬]です。 手付金は、文字通り弁護士が当該事件を担当して処理するという意思表示に対して支払うお金です。実際にはその事件が終結するまでかかる費用を支給することです。大体審級別(1審、2審、3審)で事件を委ねるのが慣行だが、例えば、手付金を支払えば1審判決が出る時までは追加で支払う必要はありません。首都圏では民事事件の場合、およそ50万円台で決定されるそうです。


もちろんこれより低く契約される場合もあるのです。地方の場合30万円台が一般的です。事件の難易度を勘案して加減が行われます。 成功報酬は民事事件の場合“勝訴金額の○%”という形式に、契約をするが、100万円以下の事件ならたいてい勝訴金額の5%~10%の間で決定されるそうです。100万円を超える事件はこれより少し低いのが普通です。訴訟金額がとても大きい場合は、1%未満になることもできます。このような基準で事件の難易度による調整をします。もし事件の見通しが不透明と思ったら成功報酬をもう少し高く契約することです。

刑事事件の場合、成功報酬は多少複雑です。捜査(警察/検察)段階があり、裁判段階があるからです。捜査段階では嫌疑なし/起訴猶予/略式命令(罰金)という処分内容によって他に契約されるのが普通です。拘束/在宅の有無が重要な事件では別途で在宅を成功で見て保守契約をする場合(例えば、令状実質審査が多いのです。罰金の金額が重要な事件なら罰金賦課額による成功報酬契約をする場合もあります。 裁判段階では無罪/罰金/宣告猶予/執行猶予などに分け、成功報酬の契約をします。実刑が予想される場合、実刑の短縮についた成功報酬取決めもします。このように刑事事件の場合には非常に多様な成功報酬契約が可能です。

さらに、選挙法違反事件のように裁判にもかかわらず、当該職責がずっと維持される場合には、裁判をどれだけ長く引くかによって、成功報酬が契約される場合もあります。